ガット張り替えNo.3|Wilson(ウィルソン)BURN95cv

今回は私のラケットです。

最近ヤフオクで中古ラケットを購入し、そちらをメインで使用していくこのことにしたので、これまでメインとして使ってきたラケットを雨用のスペアとするためポリを張ることにしました。

こちらが新規購入の中古ラケットです↓

ただの色違い(BURN95cvリバース)ですw

こちらをメインで使っていくことにしました(^^)

ガット張り替え概要

ラケット ウィルソンBURN95cv
ガット メイン(縦) シグナムプロ ポリプラズマ123
クロス(横)
テンション メイン(縦) 44
クロス(横) 44
張り方 ATW
時間 1:47

私は普段ナイロンガットを使用しています。

しかし、ナイロンは雨に弱く濡れると延びてしまうと言われています。ナイロンガットはテンション維持の高さが売りなのに伸びてしまってはその特徴を活かすことができません。

しかし、テニス愛好家の方ならご理解いただけると思いますが、天気が悪くてもなるべくテニスをしたいと考えていると、小雨のときや雨が上がった後にコートが濡れた状態でプレーすることも多々あります。

そこで、雨に濡れそうなときも気兼ねなくプレーできるようにポリを張ることにしました。

なぜポリプラズマを選んだのか?

数あるポリガットに中でなぜシグナムプロのポリプラズマを選んだのかというと、理由は次の3つです。

  1. テンション維持力が高い
  2. とにかく安い
  3. オレンジ色が好き


ご覧のとおり打感などは全然気にしてませんw

まぁスペアですからw

1.テンション維持力が高い

ネット情報によると、ポリプラズマはポリガットの中でもテンション維持性能がトップクラスであるということです。

雨の日限定で使用するとなると使用頻度はかなり低くなりますから、テンション維持力が高いのはとても助かります。使っていないのに伸びてくるのはなんとなく嫌ですし…(^^;)

とはいえ、ナイロンガットに比べるとやはり劣るみたいです。

2.とにかく安い

なぜかポリプラズマはめちゃくちゃ安いです。

ネットショップだと一巻き500円程度で販売されています。複数同時購入すれば送料も抑えられますのでさらにお得です(^^♪

あまりコストを考えずに張り替えることができるのでありがたいですね。

ロールが5,000円台というのは驚愕ですΣ(゚Д゚)

3.オレンジ色が好き

これは完全におまけ的な理由なんですが、個人的にオレンジ色が好きなのでちょうどよかったというだけです。

ちなみに錦織君がバーンからウルトラに移行したときはガッカリしましたけどね( ノД`)

ガットインプレ

今回張り替えるガットの性能や打感を確認したいという方はこちらのリンクから検索してみてください。

ポリプラズマのインプレはこちら

ガット購入

インプレを見ていかがでしたか?気に入ったらこちらからすぐ購入できますよ(^^)

画像をクリックしてね!

張り替え開始

それでは張っていきます。

自分のラケットなのでまったく緊張感はありませんw

張り替え終盤


クロス(横ガット)も張り終えました。あとはタイオフ(結んでカット)するだけです(^^)

張り替え完了


完了しました!

張り上がったものだとなかなか材質というものが伝わりにくいんですが、ポリはナイロンに比べてかなり固い素材です。大げさにいうと針金みたいな感じがします。

表面はツルツルしているのですがその固さが原因でクロス(横ガット)を張るときにメイン(縦がガット)との摩擦が強くて編むのに時間がかかってしまいました。

ポリの張り方については改善の余地がまだまだありそうです。

打ってみた感想

だっち管理人”だっち”

44ポンドで張ってみましたが、やはりいつも使っているナイロンガットよりも固く感じ、オフショットしたときの衝撃は大きいですが弾きはいい方だと思います。
一方、スピンはナイロンよりかかりやすいですが、かかりすぎるということもなく私にとってはちょうど良いくらいでしょうか。ドンピシャで振りぬいた時のパワーはナイロンにはないものがあり、その点はポリの強みだと思います。
とにかく安いのでコスパを気にするポリガットユーザーの方にオススメです。次回張り替える時はさらにテンションを下げてみようと思います。